サブリースで経営の勝ち組に近づこう|大成功への道程

スーツの男女

投資系のビジネスなら

マンション

不動産投資にはいくつか種類があり、代表的なものは不動産売買と賃貸経営です。古い物件であっても、リフォームやリノベーション等をすることで借り手や買い手が付きやすくなります。利益を得る為には、広い視野を持って需要を見極める必要があるようです。

More...

未経験者でもすぐ賃貸経営

スーツの男性

アパート・マンション等の賃貸経営における経営手法の1つに、サブリースというものがあります。これは簡単に言えば転貸のことで、専門の事業者がオーナーから物件を借り受けて実質的な運営を行うというものです。具体的には、まずオーナーが物件を購入または新築します。すると不動産管理会社が一括借り上げのかたちでそれを賃借し、さらに個々の入居者に賃貸します。日常的な管理業務などについては、管理会社が行うこととなります。サブリース方式を採用すれば、オーナーは入居者の募集や月々の家賃の収納といった賃貸経営に係る実務をすべて管理会社に任せることができます。そのため経営経験のないオーナーでもすぐに事業が始められるというメリットがあります。

管理業務の負担が軽減されるという点のほかに、サブリースにはもう1つメリットがあります。それは、家賃保証が受けられることです。サブリースの場合、入居者はオーナーとでなく管理会社と賃貸契約を取り交わすことになります。そのため入居率の上下や家賃滞納の有無といった事象にオーナーは責任を負うことがありません。つまり空き室の有無に関係なく、オーナーには毎月一定額の支払いが保証されるのです。この経営方式は、従来は新規物件を前提としていました。しかし最近では、既存の物件においても採用されるケースが増加してきています。そのため今後は、たとえば相続によって親の所有するアパートを取得したオーナーなどの利用が増えるものと予測されています。

始めたいアパート経営

スーツの男性

アパート経営で不動産収入を得ることはおすすめでしょう。しかしアパート経営には様々な課題があるので、不動産管理会社とサブリース契約を結ぶようにしたいです。空室でも収入保証をしてくれたり、管理全般を請け負ってくれるので大家の立場からするととても頼もしいでしょう。

More...

定期借家契約のメリット

電卓とメンズ

転勤などで住宅を空き家にする場合には、リロケーションによって、一定期間第三者に入居しておいてもらうことが効率的な資産運用になります。空き家にするよりも、きちんと住宅を管理してもらう方が、老朽化も防げますし、隣近所にも安心してもらえます。

More...